売り上げの管理

パソコン操作する男

POSシステムとは主に小売業の分野において広く用いられている情報管理システムで、日本語では販売時点情報管理といいます。具体的には、商品が店頭で販売されるその都度商品名や個数、販売日時などのデータを収録し、在庫管理に役立てるとともにマーケティング分析等に利用するというものです。 POSシステムが開発されたのは1970年代のアメリカにおいてでした。スーパーマーケットやドラッグストアなど多種類の商品を取り扱う業種において特に利便性が高いことから普及が進みました。現在では世界各国に導入されており、また業種もホテルやレストランなどに広がっています。最もよく知られているのはコンビニエンスストアにおける利用です。

現在、広く利用されているPOSシステムは商品につけられたバーコードとそれを読み取る機能を持ったPOSレジとの組み合わせからなります。客が商品を購入するたび、レジは商品情報を読み取って自動的にデータを収集します。コンビニエンスストア等においては同時に購入者の性別や年齢層なども入力すると言われています。 経営者側はこうして集められた情報によって売れ行き動向を把握し、入荷数の調整に生かしたり、チェーン展開を行っている店であれば地域別・店舗別の販売戦略の参考資料にしたりします。 また、外食産業などにおいてはこのPOSシステムを応用したオーダーエントリーシステムという管理システムを採用しているところもあります。これは料理等を注文する際に接客担当者や客自身が情報端末を操作し、無線でバックヤードと通信することで注文情報を管理するというものです。