低コストで導入できる

いろいろなインターフェースと指

動画配信システムはクラウド型になり、どこからでも誰でも見れる時代となり、セキュリティーが大切な時代に突入しました。 元々はライブチャットにより火が付いた動画配信システムですが、JAVAスクリプトAPIをシステムと連携させる事によって、更に動画配信システムに広がりが出てきています。 パソコン向けはもとより、スマートフォン向けやフィーチャーフォン向けまで幅広く対応出来るようになっており、ストリーミング方式やプログレッシブダウンロード方式と選べるようになっている動画配信システムが多く存在しています。 初期費用も数万円から数十万円と昔の約10分の1にまで低下しており、月々の価格も数万円と抑えられています。 現在ではリアルタイムの動画配信システムも盛んにおこなわれています。

個人情報を守るのは確実に難しくなってきています。 特に動画配信システムで自分を配信する場合などは、セキュリティーがとても大切になります。 自分の顔を出してしまうと周りにばれてしまうのですがそれ以上にアクセスポイントなどから特定されたり少し写った自分の身近なもので特定されたりと気を付けないといけないことがたくさんあります。 動画のサイトのURLを不審なサイトに貼られてしまうという危険もありますし、有料コンテンツを無料でどこかで配信されてしまうという事もあります。 その為に最近では、アクセス制限はもちろん、暗号化やワンタイムURLなども行える動画配信システムが出てきています。 そして何より最近は高画質な動画配信システムが一番もてはやされています。